◇「ジェンダー研究へのアプローチ」2009年度公開講座のお知らせ◇

以下は転載・転送歓迎らしいです。

===転載===

◇「ジェンダー研究へのアプローチ」2009年度公開講座のお知らせ◇

なぜ非異性愛者ばかりが「名乗り」を強要されるのか。ニュースコンテンツサイト「デルタG」のライター・運営スタッフであるミヤマアキラさんと、フェミニズム研究をご専門とし、セクシュアリティを主な関心領域とされる大学教員の飯野由里子さんが対談形式での講演を行います。「名乗り」としてのカミングアウトや、一方的な「名付け」や人格への還元など、「名付け」をめぐる政治性についてお話いただきます。ぜひお誘い合わせの上、ふるってご参加ください(予約は不要です)。

■講演タイトル:「〈名付け〉をめぐるポリティクス」
(「ジェンダー研究へのアプローチ」2009年度公開講座)
■日時:5月20日(水) 15:40〜19:00
■場所:国際基督教大学 本館3階 303教室
■講師:ミヤマアキラさん
    飯野由里子さん
■言語:日本語(ディスカッション、質疑応答あり)

■講演概要:
「異性愛」が「デフォルト」な世界(異性愛中心主義社会)において、性的マイノリティはその存在主張のため、つねに「非異性愛」として「名乗る」ことが要請される。

圧倒的に非対称な権力関係の下、自らを「非異性愛」として名付けたり名乗ったりすることはとりわけ切迫した問題であり、ポリティカルな意味を持ちうるが、同時に「名乗り/名付け」が含み持ってしまう問題や暴力性もまた存在する。もう「非異性愛」という名乗りは必要ないのだろうか。あるいはどのような形の名乗りが有効なのだろうか。具体的なお話を織り交ぜながら、「名乗り/名付け」の問題をめぐってご講演いただきます。

■講師プロフィール
◆ミヤマアキラさん:
ニューコンテンツサイト「デルタG」のライター、および運営スタッフ。ルンペンのふりをしたリサーチャー、あるいはリサーチャーのふりをしたルンペン。
◆飯野由里子さん:
大学教員。専門はフェミニズム研究。主な関心領域はセクシュアリティ。
■主催:国際基督教大学ジェンダー研究センター
住所:東京都三鷹市大沢3-10-2 ERB-301
電話:0422-33-3448
■問い合わせ:iseri@nt.icu.ac.jp(担当:井芹真紀子)
===転載終了===

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中