『クィア英会話』ツイッターアカウントのご紹介

Not gay as in happy, but queer as in fuck you. 「感じのいい従順な、でも遅れてるアジアの人」と思われない英会話小技を、思いつくままに紹介。英語の質問もある程度は受け付けます。

お久しぶりです、マサキチトセです。今年の6月に、『クィア英会話』と称して、ツイッター上で様々な英語表現を紹介するアカウントを作成しましたので、こちらで紹介させて下さい。

以下は、『クィア英会話』で流している英語表現の例です。もしお気に召したら、フォローして下さい〜。

続きを読む

[イベント.12-7.東京] 難民・移民に生きる権利を!仮放免者に在留資格を!

12.7「仮放免者に在留資格を!」デモのおしらせ(法務省入管への要求)

わたしたち 難民(なんみん)・移民(いみん)は 入管(にゅうかん)による 長期収容(ちょうきしゅうよう)によって 心身(しんしん)共(とも)に ボロボロに なり、やっとのことで 仮放免許可(かりほうめんきょか)を 受(う)けました。

しかし、いつまた 収容(しゅうよう)される かも しれません。それに、仮放免(かりほうめん)に なっても 働(はたら)くことは 認(みと)められて いません。仕事(しごと)を しないで どうやって生(い)きて いけば 良(よ)いのでしょうか。
続きを読む

クィア理論入門公開連続講座のお知らせ

*会場の変更があります。以下の情報を確認してご参加ください。

クィアという言葉は聞いたことがある、
ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、
もう少し詳しく知りたいけれど入り口が見つからない、
そういう方に向けて、
クィア理論入門の連続授業をおこないます。
続きを読む

ドイツの団体によるジュディス・バトラーのインタビュー(和訳)

ベルリンのパレードについて、著作と理論について、レズビアンという名前について、アイデンティティについて、被傷性について、ユダヤ系出自について、非暴力について、主体論とヘーゲルについて、という、お腹いっぱい!なインタビューです。インタビューしている側の発言に時々ボクが理解出来ない表現があるので、コメントか Twitter で助言頂けたら助かります。

ジュディス・バトラー インタビュー ←クリックで原文に飛べます

1956年オハイオ州クレヴァランドに生まれたジュディス・バトラー。彼女を知らない人などいるだろうか。『ジェンダー・トラブル』の出版以来彼女は、彼女の理論、とりわけジェンダーのパフォーマティヴィティの理論によって国際的に知れ渡った。フェミニズム、クィア理論及び政治哲学という、その内部で彼女自身が熱心な活動家かつブッシュ政権下のアメリカの戦争政治の批判者であるような分野に、彼女の研究は貢献している。特にドイツにおいては、ジェンダーに関わるバトラーの理論を受け入れることは非常に物議を醸し出し、フェミニズムにおいて活発な議論を引き起こした。彼女の最近の研究は、人種主義や侵略に反対し平等を求めること、ユダヤ哲学、そして国家暴力の批判を主にしている。ベルリンパレード (Berlin CSD) のあとすぐにベルリンを発ってしまったので我々は直接バトラーと話をすることが出来なかったが、バトラーが私たちのEメールにおける質問——人種主義とベルリンパレード、最近の彼女の政治的発言、近代フェミニズムが直面する問題、そしてユダヤ系の出自がどのような重要性を持っているのかについて——に回答する時間をかけてくれたことを喜んでいる。
続きを読む

5/15 屋外オカマバー『バーおっかまん』月1で開催 in 群馬!

わたくしの母が主催者なのですが、来る5月15日(土)の夜6時から屋外オカマバーをOPENします。これはわたしたちの住む群馬県館林市の月1のイベント「下町夜市」への出店ということで、他にもいろんなお店が出ていて賑やかな感じになることが予想されます。
続きを読む

[video] ジュディス・ハルバースタム教授によるミニ講演 “Queer Faces from Lost Times”

2009年11月28日に国際基督教大学のLGBITサークル、シンポシオンが南カリフォルニア大学のジュディス・ジャック・ハルバースタム教授を招き、「大学で Queer Studies を学ぶこととは」のタイトルで交流をしました

教授が行った、クィア性、写真、そして真実性といった問題についてのスライドショーの様子をスタッフが録画してくれたので、ご覧下さい。計6つのビデオにわかれています。(ボクは司会やってます・・・)

ちなみに字幕は年明けまでには完成させます。


続きを読む

【WAN労働争議】署名第一次締切迫る!

「【賛同署名募集】NPO法人WAN労働争議への支援および理事会への要望」と題した署名呼びかけ文を、先日このブログに投稿しました。2月9日現在、90近いご署名をいただいております。そして、ご署名とともに、数々の素晴らしいコメントをいただいています。ご協力くださった方々、本当にありがとうございました。皆様から送られたコメント(公開可のもの)は、「NPO法人WANの労働争議を支援する」ブログ(http://uwansupport.blog65.fc2.com/)でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
続きを読む

公開フォーラム「移住女性が安心して生きていくために」

移住女性のためのエンパワメントセンターカラカサンが以下のイベントを行うそうです。

**********************************************************************
カラカサン公開フォーラム
「移住女性が安心して生きていくために」パート3
      ーー暴力(DV)と貧困を乗り越える
**********************************************************************
 昨年11月に日本政府が公表した母子家庭などのひとり親世帯の相対的貧困率は
54.3%…。母子家庭の貧困の実態がはじめて公式な数値として示されました。カ
ラカサンに集う女性たちの多くも、母国を離れた日本での国際結婚やパートナー
との同居生活のなかでの暴力(DV)や差別を経験し、その後シングルマザーとし
て子どもを育てながら日本に定住している女性たちです。彼女たちの直面してい
る現実は、日本人シングルマザーの置かれた現実と同じ線上にあると同時に、特
有な側面もあります。
 カラカサンでは昨年、フェミニスト参加型アクションリサーチによる「反貧
困」調査を実施しました。
 女性たちによる「反貧困」調査のから見えてきたものは?
 また、すべての女性と子どもたちが暴力と貧困のない社会に生きていくため
に、移住女性と日本人の女性が手をとりあっていく連帯の道はいかに?
 シングルマザー当事者や支援者からの発題をもとに、議論を深めたいと思います。
(日本語・タガログ語の逐次通訳あり)

●とき:2010年3月6日(土)13:30~16:00
● ところ:カトリック鹿島田教会(JR南武線鹿島田駅徒歩3分)
● 地図:http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/kasimada.htm
● 発題者:赤石 千衣子(しんぐるまざーずふぉーらむ) 
高谷 幸さん(移住労働者と連帯する全国ネットワーク) 
     レニー トレンティーノ、川本チェリーさん(カラカサン)

<3月6日(土)その他のプログラム>
10:30~12:00弁護士などによる移住女性のための無料の法律・生活相談
(そのほか、女性のためのボディケアマッサージ、エアロビクスなどがあります。)
12:00~13:30 フィリピン料理フェア
13:30~16:00 公開フォーラム
(また、同じ時間に子どもたちのためのプログラムがあります。)
16:00~17 :00  カラカサン2010総会

●主催:カラカサンー移住女性のためのエンパワメントセンター
●共催:川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)
●問い合わせ:カラカサン 
TEL044-580-4675, FAX044-580-4676, e-mail:moto@inada-noborito.com

【賛同署名募集】NPO法人WAN労働争議への支援および理事会への要望

以下、転送・転載大歓迎です。

「女性のための情報を提供し、活動をつなぐ」ウェブサイトの運営および「女性たちの活動を支える諸事業の展開」を目的として、昨年6月に発足したNPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)において、昨年末より労働争議が発生しています。

WANで雇用されていた遠藤礼子さんに対し、雇用者であるWAN理事会から一方的な業務内容変更の決定および労働条件の不利益変更の提案があったとして、本年初頭、遠藤さんがユニオンWAN(遠藤さんおよびもうお一人の被雇用者であるAさんを構成員とする)として抗議の意を表明されました。その後、上記労働条件変更についてユニオンWANと理事会が団交の場を設けて協議に入ったにもかかわらず、その最中である1月31日、理事会側から、「現事務所の2月末での閉鎖」の通告、およびユニオンWAN構成員お二人の2月末での退職勧奨が、メールおよびファックスで一方的に送られてきたそうです。

(以上、この争議の経緯については「非営利団体における雇用を考える会(仮)−WAN争議を一争議で終わらせない」によります。詳細はブログをご参照ください)

WANは「女性たちの活動を支える」ことを銘打ったNPO法人です。そのような法人が、被雇用者に対し、一方的に労働条件の不利益変更を通達するのみならず、その変更をめぐる話しあいの最中に退職勧奨までをも行うとすれば、それは、「女性たちの活動を支える」ことを目指すNPO自らが女性労働者の使い捨てを行うも同然です。「女性たちの活動」「女性のための活動」において、女性の貧困とその背後にある不安定な雇用形態とは、理念上も、そして実質上も、常に重要な問題であったはずです。今回の理事会の措置は、その活動の歴史と精神とに、ひいてはWAN自身の掲げる活動目標とに、矛盾するものではないでしょうか。

また、特定非営利活動促進法において規定されるように、NPO法人であるWANについての情報は市民に公開されるべきものです。実際、WAN会員に限定されず、フェミニズム・女性運動や労働運動にかかわる多くの人々が、今回の労働争議をめぐるWANの法人としての対応に注目しています。ところが、現在まで、理事会側からはこの争議に関して、WANウェブサイト上でもメールニュース上でも、何の説明も声明も出されてはいません。そもそも被雇用者の業務が自宅からのテレワークが可能なものであり、したがって事務所の閉鎖が業務の停止に直結するわけではない以上、「事務所の閉鎖」を理由とした退職勧奨には正当性がなく、労使間の信頼関係を著しく損なうものでしかないように見受けられます。それに加えて、理事会側からの公式声明が一切ないまま労働争議における労使間の協議中に退職勧奨を行うという一連の対応は、第三者である市民の目にも、まず退職ありきで事務所の閉鎖は後付けの理由であるようにうつりますし、そのことがNPO法人としてのWANの今後の活動に及ぼす影響を、私たちは懸念しています。

そこで私たちは、WAN理事会の今回の措置に対する抗議の意とユニオンWANへの支援を表明し、以下をWAN理事会に要望します。
・2月末でのユニオンWAN組合員お二人への退職勧奨を取り消していただくこと
・ユニオンWANとの労働条件に関する団交に真摯に応じてくださること
・WANウェブサイト上で今回の争議について雇用者側から説明してくださること

私 たちは、今回の労働争議を、WANという一団体に限定された問題としてではなく、女性運動や非営利団体における雇用・労働という、これまでずっと存在していたにも関わらず軽視されがちであった問題が顕在化したものとしてとらえるべきだ、と考えています。フェミニズムを含め、市民運動は何らかの目的や理念のために力をあわせて行動を起こすものですが、だからといって運動組織の内部に権力関係が一切存在しないわけではありませんし、ましてや労働の対価として労働者に(給与ではなく、あるいは減じた給与に足すかたちで)『達成感』や『運動の高揚感』、あるいは『目的/理念のため』という大義を与えれば充分である、とは言えません。雇用者と被雇用者のあいだの権力関係が隠蔽されることで、声をあげられずに燃え尽きて活躍の場を去って行った活動家はたくさんいます。WANの活動に期待を寄せるからこそ、そして、WANのかかげる目的である「女性たちの活動をつなぎ、支える」ことを将来にわたって真に可能にするためにも、私たち自身が問題の所在を曖昧にせずに真摯な議論を重ねていくことが重要であると考えます。

ユニオンWANへの支援と、WAN理事会への要望について、皆様からの賛同の署名を呼びかけます。この賛同署名は、ユニオンWAN、WAN理事会宛に届けるとともに、ウェブ公開もする予定です(署名非公開希望の方に関しては、お名前は含まず、署名数にカウントだけする形でユニオンWANおよびWAN理事会に届け、ウェブサイトにも数だけを掲載いたします)。

ウェブ賛同署名はこちらからどうぞ。 http://form1.fc2.com/form/?id=512990

または、以下にご記入のうえ、uwan.support@gmail.comあてにご送信ください。2月10日(水)を第1次、2月20日(土)を第2次締め切りとします(その後に届いた署名については随時届けます)。

「NPO法人WANの労働争議への支援および理事会への要望」に賛同します。
・氏名(実名でも通名でも可)
・所属、肩書き、居住地など(なくても可)
・E-mail (なくても可)
・賛同メッセージ
・公表の可否

非公開希望の方に関しては、お名前は含まず、署名数にカウントだけする形でユニオンWANおよびWAN理事会に届け、ウェブサイトにも数だけを掲載いたします。
お名前は非公開希望、でもメッセージ公開可という場合は、その旨明記ください。

メール送信先:uwan.support@gmail.com

FAX署名用紙は http://uwansupport.blog65.fc2.com/blog-entry-12.html からダウンロード出来ます。

賛同署名の集計経過は以下のブログにて随時報告します。
NPO法人WANの労働争議を支援する

呼びかけ人(50音順)
小山エミ、斉藤正美、清水晶子、田中かず子、マサキチトセ、ミヤマアキラ、山口智美

新しいサイト『フェミニズムの歴史と理論』

グローカルフェミニズム研究会が新しいサイトを立ち上げました。

フェミニズムの歴史と理論

当研究会のプロジェクトの一環として、新しく「フェミニズムの歴史と理論」というサイトを立ち上げました。まだ作成途中の状態ですが、とりあえず、斉藤正美&山口智美による「ジェンダーフリーとフェミニズム」サイトに掲載されていたコンテンツは、すべてこの「フェミニズムと歴史と理論」サイトの中の「ジェンダーフリーとフェミニズム」のほうに移行しましたことをお知らせします。

徐々にとなりますが、この新しい「フェミニズムの歴史と理論」のほうを充実させていきたいと思っています。

メンバーは「荻上チキ、斉藤正美、小山エミ、山口智美、マサキチトセ」です。よろしくお願いします。

マサキチトセ